フランチャイズとは?種類・仕組み・メリット・成功するポイントを解説

脱サラ・独立を考えたときに選択のひとつとなるのが、フランチャイズです。よく耳にする言葉ですが、いざ自分のこととして検討するときには、しっかりと理解しておく必要があります。 フランチャイズと呼ばれる運営方法は、具体的にはどのような仕組みなのでしょうか。ゼロから自分で起業をするのと比較して、フランチャイズを利用することによるメリットがどれだけあるのかも気になります。ここではフランチャイズと呼ばれる経営方式について、その基本的な知識とともに、成功へ導くポイントを解説していきます。

そもそもフランチャイズとは?

そもそもフランチャイズとはどういうことを指すのでしょうか? 基本の知識をはじめ仕組みや歴史を見てみましょう。

フランチャイズの基本知識

フランチャイズという言葉自体は社会に浸透していますが、昔からある「のれん分け」とは違うのでしょうか。

社団法人日本フランチャイズチェーン協会による「フランチャイズ」の定義では、「フランチャイザー」と「フランチャイジー」間の契約について示されています。フランチャイズ本部である「フランチャイザー」が新規事業者の「フランチャイジー」に対して、経営・サービスのノウハウ、商標などを提供。それに対して、「フランチャイジー」が一定の契約料を支払います。
「のれん分け」の場合には長期間にわたる本家での修業が必要となり、独立後の契約はありません。フランチャイズでは、ノウハウのない人でも事業が開始でき、契約に従って本部のサポートを受けることができます。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズの仕組みをもう少し詳しく見ていきましょう。
「フランチャイジー」(加盟店)は一般的な経営ノウハウに加え、商品の仕入れ先や商品管理、販促活動など全般についてのバックアップを「フランチャイザー」(本部)から受けることができます。
その対価として本部にロイヤリティを支払いますが、加盟金やロイヤリティの内容については、フランチャイズチェーンによってさまざまです。主なものとしては「粗利分配方式」「売上歩合方式」「定額方式」があります。
フランチャイズチェーンには加盟店のほかに、直営店があります。文字通り本部が直接的な店舗運営を行う形です。直営店では本部の社員が直接運営を行い、フランチャイズ店に参加する新規事業者の研修の場としても使われます。

フランチャイズシステムの歴史と代表例

今では非常に数多くのフランチャイズが見られますが、ケンタッキーフライドチキンが世界初のフランチャイズチェーンであるとされています。 日本では1960年代から、フランチャイズ形式の店舗展開が開始しました。不二家やダスキンなどがフランチャイズの草分けとして有名です。現在はコンビニやクリーニング店などを始めとして、幅広い分野で導入されています。

フランチャイズ加盟で得られるメリット

では、フランチャイズに加盟する際のメリットにはどういうものが考えられるでしょうか。

未経験からの参入がしやすい

フランチャイズでは、ノウハウや業界知識が乏しくても本部からのサポートが受けられます。仕入先が確保されており、商品の供給などで悩まずに済みます。
マーケティングや販促についての知識も、基本を押さえる程度ではじめられ、事業を運営しながら学んでいくことができます。
本部にその業界でのビジネスノウハウがあるため、ゼロからのスタートに比べ失敗のリスクが下げられます。経営に悩んだときには、アドバイスがもらえるので孤立感がありません。

小資本からのスタート・経営の安定

フランチャイズチェーンによっても異なりますが、ゼロからの開業と比較して自己負担を抑えられるケースが多く見られます。 本部からの情報提供により開業資金の金額の目処を立てやすく、フランチャイズチェーンに参加することがひとつの保証ともみなされ、金融機関からの信用が得られやすくなるため、融資を受けやすいというメリットもあります。フランチャイズチェーンによっては、開業資金を調達するためのプランが提供されているところもあります。

実際の運営についても、フランチャイズチェーンの知名度を利用できるため、個人的に認知度の拡大に悩まずにすみます。ブランド力と蓄積されたノウハウを活用し、事業運営が軌道に乗せやすく、早期に結果が得られます。

個人事業主である

フランチャイズといっても、オーナーであることには変わりありません。雇用されて働くのとは、まったく違う人生が手に入ります。 慣れていけば契約の範囲内で、独自色を出すことも可能です。また、フランチャイズで得たノウハウを生かして、完全独立を目指すことも将来的な視野に入れられます。

フランチャイズシステムの種類と成功するポイント

では、フランチャイズシステムにはどういった種類があるのか、また成功するにはどういうことを押さえておくべきかを見ていきましょう。

フランチャイズシステムの種類

フランチャイズシステムの種類には、大きく分けて本部主導型と自由裁量型のふたつがあります。わかりやすくいえば店舗型か無店舗型です。
フランチャイズとしてもっとも身近なコンビニなどは店舗型で、店内のレイアウトから商品配置まで細部にわたり本部からの指定があります。
無店舗型のフランチャイズでも業種の広がりを見せており、例えばリペア、カーシェアリング、便利屋、家事代行、訪問看護、マッサージ、語学・パソコン講師など多彩な業種があります。

どちらの形式が良い悪いということではなく、個人の好き嫌いでの選択になるといえるでしょう。 フランチャイズには、「ロイヤリティフリー」を謳ったものがありますが、ロイヤリティゼロは危険です。ロイヤリティゼロでは本部に対しての支払いが発生しない一方、本部からのサポートは期待できません。あるいは、ロイヤリティ以外の仕入れに本部利益を大幅に上乗せしている可能性もあります。

フランチャイズに向く人とは

フランチャイズに向いているのは、自分でゼロから独立するスキルや経験に乏しいが、脱サラしたいと考えている人。またゼロから顧客を開拓する術を知らない、あるいは自分で新たな顧客を開拓することは不得手といった悩みを持つ人です。
手元に潤沢な資金がない、また資金調達する術がないけれど、時間をかけずに脱サラしたい。新しい分野に挑戦してみたいが、知識もノウハウもない。 そうした状況であっても、フランチャイズを利用すれば脱サラして独立を目指すことも可能です。

成功するために押さえるべきフランチャイズ(本部)選びのポイント

当然ですがフランチャイズに参加しさえすれば、必ずしも成功できるというわけではありません。独立して成功するためには、信頼できるランチャイズを選ぶ必要があります。 第一に挙げられるのは本部の歴史、実績を重視するということです。本部の歴史が短ければ、それだけ蓄積されたノウハウが少ないといえます。
また、お客様目線で見て、同業他社と比べて差別化された商品・サービスを持っているのか。どのような顧客層なのか、なぜその商品やサービスが選ばれているのかという点を良く見なければなりません。 さらに現実的な視点から、自分が何日、何時間働いたら、いくらぐらい稼げる可能性があるのかも、事業として継続していくうえでは重要なポイントです。
そのフランチャイズの働き方が自分に合っているかは、そもそもなぜ独立したいのかという根本的な部分と結びついてきます。例えば自由な時間が欲しいと考えている人が、本部主導の店舗型を選ぶのはミスマッチといえます。

フランチャイズを活用して夢を実現

フランチャイズは事業経営がまったく初めての人でも、成功できる大きな可能性があります。いつかは脱サラしたいという夢をもっていても、実際にはマーケティングをはじめとしたさまざまなノウハウを学ばなければなりません。フランチャイズであれば、本部からのバックアップを受けながら最小限の準備でスタートが可能です。しかし、フランチャイズといっても運営方式は多彩です。フランチャイズの仕組みをよく理解し、自身の希望とすり合わせて現実的な選択をしていくことが求められます。無店舗で開業できるトータルリペアは、90%以上が未経験者です。各種マニュアル完備し、未経験から年商2000万円以上を目指すビジネスです! FC本部として39年の実績をもつフランチャイズで、夢を実現していきましょう。

参考:

フランチャイズ(FC)の意味とは?はじめてでもすぐわかるフランチャイズでの独立・開業のすべて|マイナビ独立
フランチャイズとは?今さら聞けない「仕組み」を徹底解説|店舗HACKS
フランチャイズ、フランチャイズチェーン、フランチャイズビジネスとは?|一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会
フランチャイズシステムの特徴とメリット|プラスワンマインド