人生100年時代!女性が「手に職」をつけるべき理由と新しいキャリアプランとは?

女性の場合、これから結婚や妊娠出産などを含めた長い人生を考えると、転職や独立を考える人も多いのではないでしょうか。そんな時、「手に職」があれば、仕事にも就きやすく収入源を確保できると考える人も少なくありません。人生100年時代を迎えるにあたり、女性が「手に職」をつけるべき理由と、キャリアプランの一つとしてリペア技術を習得して「手に職」をつけ、フランチャイズで独立する魅力を紹介します。

人生100年時代到来!これからの働き方

医療の進歩や食料環境の充実により、これからは人生100年時代を迎えようとしています。長寿社会では、労働環境はどのように変化するのでしょうか。

働き方の多様化

日本では人手不足による海外人材の確保のため、年功序列制度を廃止しようという流れがあります。また、人生100年時代到来により、定年を迎えても、その後のキャリアを考える必要が出てきました。そのためこれからは、従来のキャリアパスやライフコースが通用しなくなり、多様な働き方が求められるようになります。

専門技術の必要性

年功序列制や終身雇用制の廃止などによる突然のキャリアの変化に備え、仕事で長い間活躍するには、専門技術や知識が必要となるようになります。日本政府は一億総活躍社会の実現に向けて、いくつなっても学びなおしができ、チャレンジできる社会づくりに取り組んでいます。旧制度の中では入社するまでの学歴、年齢や勤務年数で評価が決まりましたが、これからは年齢を理由に新しいことを学んだり、チャレンジすることを断念したりする理由がなくなります。

現役期間の延長

寿命が延びるにともない、当然、働く期間ものびることになります。できるだけ働く期間を延ばすには、独立した働き方を考慮する必要があります。現役で活躍し続けることを目指すなら、お金のような目に見える資産だけでなく、人脈や経験のような目に見えない無形資産を積み重ねていくことが大切です。

女性が「手に職」をつけるべき理由とは?独立や転職にも有利

人生100年時代で、労働環境や働き方に変化が求められる中、女性が「手に職」をつけるべき理由とは何でしょうか。

男女の役割分担の変化

年功序列制度が崩れるなか、男性は大手企業に就職すれば年齢とともに給料が上がり、将来が保証されるというキャリアプランは期待できないものになりました。それにともない、男女の役割分担にも変化が生じることになります。これまで女性は20代で就職して数年勤務後、寿退社し専業主婦に専念するというコースが一般的でした。しかし、これからは男女ともに年功序列制度と終身雇用制度が崩れることで、男性が働き女性が家を守という旧来の考えにもとづいたキャリアプランは通用しなくなります。そのため、結婚後も女性が仕事を持ち男女ともに働く共働きが増えていくことが考えられます。

キャリアの中断リスクが少なくなる

従来のキャリアプランでは、女性は結婚してから働かずに子育てや介護だけに専念することができました。 しかし、年功序列制度が崩れる中、女性は働かずに家庭のことだけをしていればいいとはいえなくなってきています。そんな中、「手に職」があれば、女性のライフイベントでキャリアが中断されても仕事に復帰しやすくなります。保有する実務経験と技術にもよりますが、子育てや介護、家事をしながら在宅で働くという選択肢もあります。また、近年はインターネットの発達により在宅勤務や副業など、女性も専門知識を持ち独立して仕事を継続しやすい環境になりつつあります。

失業のリスク回避

勤めている会社からリストラされないには、普段から上司や同僚との関係を良好に保つことも大切ですが、有能で会社に必要な人材だと認識してもらう必要があります。他の社員にないスキルや実績があればリストラ候補になるのを防止できます。
そして、勤めている一つの会社でだけ通用する技術や知識ではなく、業界内のどの会社でも通用する技術と知識があれば、たとえ何かの都合で退職や転職を余儀なくされても、次の就職先が見つけやすくなります。「手に職」があれば他の応募者と差別化ができ、有利な立場に立てます。 また、会社に所属せずに独立すれば生涯現役で働けます。

トータルリペアで「手に職」をつける

女性が「手に職」をつけるといっても、いろいろな職種や資格があります。そのなかでも、紹介したいのがトータルリペアです。トータルリペアにはどんな将来性があるのでしょうか。

トータルリペアとは

トータルリペアは、1972年にアメリカで誕生した車・住宅などの総合リペアのフランチャイズ事業です。リペア分野で、世界で唯一ISO9001を取得、世界50ヶ国40年以上の実績があります。 トータルリペア日本本部(株式会社アミークス)は、1981年の創業以来、1,000社を超える加盟店が活躍する出張型のリペアフランチャイズです。「捨てない・壊さない・取り替えない」をテーマに地球温暖化と産業廃棄物の抑制に取り組み、継続的にお客様に喜ばれる新技術と新工法を創り続けることをミッションにしています。
トータルリペア日本本部は、加盟金で利益を生むのではなく、フランチャイズオーナーが成功して事業継続することで、本部の利益につながる仕組みを採用しています。その結果、長期的に事業継続する加盟店様が増え、創業以来黒字経営を続けています。 トータルリペアが提供するリペア技術には、ホイールリペア・インテリアリペア・住宅&サッシュリペア・デントリペア・マニキュアコートの5つの技術があります。それぞれの5つの技術は、独自のマーケットを保有しています。そのため、複数の技術の組み合わせで幅広いマーケットに対応することができ、取引チャンスを増やせます。

AIにはできない技術

AIの進歩で今後多くの仕事がAIに置き換えられるといわれていますが、トータルリペアは手仕事で一つひとつ修復するためAIに置き換えられることがない仕事になります。 トータルリペアで修理依頼があるアイテムはさまざまで、傷の状態もひとつとして同じものはありません。AIは、同じパターンの作業の繰り返しは得意ですが、異なる状況ごとに適した対応をすることはできません。それぞれの傷の状態を理解した上で適切なリペアを施し修復するのは、人間にしかできない作業です。

市場規模の大きさと新規開拓への期待

経済産業省委託調査(機械・家具修理・自動車整備業・住宅リフォーム業含む)によると、1998年に28兆円だったリペア業界の市場規模は2010年には37兆円に増加し、コンビニ業界8兆円の約4倍以上あります。また、コンビニ業界よりも参入している会社が少ない上に、固定費や開業費を抑えられ、リスクも低いです。 トータルリペアのお客様が多い業界は、「中古車自動車業界」と「住宅関連業界」です。 中古車購入の決め手は、清潔さ・傷のなさです。リペア技術は車の価値を高め、売り手にも買い手にも、満足してもらえる取引を実現します。
住宅&家具リペアの関連市場は、ハウスメーカー・リフォーム会社・リノベーション会社・不動産管理会社・家具店・ホテル・旅館・高級店舗・引越し業などです。新築工事では、たくさんの業者が出入りするため、建物に小さな傷や凹みが生じやすく、必ずといっていいほどリペアが求められます。住宅&家具リペアの存在を知らないエンドユーザーもおり、応用範囲も広いため今後の新規開拓も見込まれる分野となります。

生涯現役!フランチャイズで独立する

トータルリペア日本本部からフランチャイズで独立すれば、生涯現役で働くことができます。フランチャイズでの独立には次のような利点があります。

低リスクで自宅開業が可能

トータルリペアは技術を売るので、仕入れや在庫リスクがありません。仕事は顧客へ出張するスタイルで、店舗を構える必要がなく自宅開業が可能です。店舗を構えた場合に発生する家賃経費がかからないだけでなく、自宅に介護者や小さいお子さんがいる女性には、自宅開業は仕事と家庭の両立にも役立ちます。

充実のサポート

開業時に必要な名刺や20種類以上あるパンフレットなどの備品は、トータルリペア日本本部が用意します。 受注の幅を広げて売り上げをのばすには、幅広い技術を習得する必要があります。トータルリペアでは、技術を習得するための技術講習が受けられ、講習は何度受講しても無料です。遠方から講習場にくる場合は、本部から交通費が支給されます。技術講習は、開業前だけでなく開業後もうけられます。技術講習の他にも営業ノウハウや管理方法の講習も受講できます。

高い粗利率と商圏の確保

トータルリペア日本本部によると、粗利率は95%、材料費は売上対比1~7%程度。一人でできるため人件費がかからず、利益が出やすいビジネスモデルです。付加価値の高い技術を提供するため、時給1万円以上も可能です。トータルリペアではオーナー同士が競合しないようにエリア限定制を採用しており、それぞれのオーナーの商圏を確保しています。営業が苦手でも、お客様に技術と対応を納得してもらえればリピートオーダーも期待できます。

時間に融通がきく

働く時間は自分で決めることができます。そのため、育児中の女性や家族との時間を大切にしたい人など、自分のペースと時間で働くことが可能です。

まとめ

労働環境が変化する中で、女性は結婚して専業主婦に専念、男性が外で働くという考えから、女性も結婚後も働くことが求められるようになってきています。女性に「手に職」があれば、結婚や出産といったライフイベントでキャリアが一時的に中断されても、比較的早い段階で仕事に復帰できます。 人生100年時代を迎え、これからは男女ともに年功序列制や勤務年数で評価されるのでなく「手に職」を持ち、年齢にとらわれず新しい技術を学び続けることができる人材に仕事が増加する傾向があります。 女性がトータルリペアのリペア技術を習得して「手に職」を持ち、フランチャイズで独立するなら、本部のサポートを受けながら、長寿社会でも生涯現役で働き続けることができます。

参考:

TOTALREPAIR
生涯現役で働ける
AIに負けないリペアビジネスとは
女性が今「手に職」をつけるべき理由は?新しい時代の働き方を解説
人生100年時代とは?働き方、人生100年時代構想について
「人生100年時代」に向けて
株式会社アミークス