フランチャイズ加盟店と直営店はどう違う?メリット・デメリットとは

フランチャイズ展開する企業のなかにも、直営店があることは知られています。そもそも直営店とフランチャイズの違いとは何なのでしょうか。企業によって直営店舗展開とフランチャイズ展開に分かれるのは、なぜなのでしょうか。ここではフランチャイズ加盟店と直営店の違いを解説しながら、それぞれの立場でのメリット・デメリットについて言及していきます。

フランチャイズ加盟店と直営店はどう違うの?

フランチャイズ展開している企業には、直営店と加盟店があります。フランチャイズの直営店とはどのようなものなのでしょうか。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズシステムと呼ばれる仕組みでは、フランチャイザー(本部)がフランチャイジー(加盟店)に対して商標・ノウハウを提供することで、業界の知識がない人でも事業参入ができるようになっています。新規参入者には難しい仕入れ先の確保や商品調達はもちろん、販促活動も本部が行うため、事業運営の負担が軽減されます。 フランチャイジーはそうしたサポートへの対価として、フランチャイザーにロイヤリティを支払う仕組みです。

レギュラーチェーン(RC)とフランチャイズチェーン(FC)

加盟店が構成するフランチャイズチェーン(FC)の他に、レギュラーチェーン(RC)と呼ばれる系列に属する店舗があります。 レギュラーチェーン(RC)は本部が直轄しており、その店舗の店長は主に社員が担当しています。店の売上は本部の収益となり、社員である店長には本部である企業から給料が支払われます。 一方のフランチャイズチェーン(FC)は独立したオーナーが運営しており、企業には雇用されません。売上がそのまま収入となるため、本部からは給料が出ません。

直営店は本部に対しての「支社」

レギュラーチェーン(RC)に属する直営店は、本部に対していわば支社のようなものといえます。店舗や人材、設備などすべて自社が手配して、同一資本の元で店舗運営を行います。当然、加盟店のようなロイヤリティはなく、売上は本部の収益として扱われます。 フランチャイズが業務委託契約や売買契約を介したビジネスパートナーであるのに対して、直営店は身内関係という立ち位置であることが大きな違いです。

フランチャイズのモデル店

直営店がフランチャイズのためのモデル店の役割を担う場合も多く見られます。そうした店舗ではフランチャイズ成功者を増やすために、モデル店として新たな試みとしてさまざまな施策が行われます。 モデル店はその対価として売上を重視しないなど、何かしらの優遇措置を受けます。また、新規にフランチャイズに参入する人を店長見習いとするなど、研修施設の役割を担う場合もあります。

直営店の数の違いはどう影響する?

フランチャイズを行う企業によって、直営店の数に違いがあります。この違いにはどのような意味があるのでしょうか。

フランチャイズによって直営店の数に違いがある

加盟事業者を募り、その人的・経済的資金を活用して事業拡大を図るのがフランチャイズのビジネスの仕組みですが、直営店にはどのような役割があるのでしょうか。
直営店には店舗運営のノウハウ蓄積や従業員教育・指導の実施方法の確立など、実際の店舗経営をすることで得られる数々のメリットがあります。販売促進の施策による効果、新商品の開発および販売動向といった施行の場ともなります。
立ち上げ間もないビジネスモデルであれば直営店で成功事例を作り、うまくいったモデルを加盟店に還元するといった重要な役割を果たします。極端にいえば、成功した加盟店が増えれば直営店はなくても良い業種もあります。反対に実績がないのにも関わらず、直営店がないのは加盟店側から見れば危険といえるでしょう。

また、すでに多くのフランチャイズの成功の実績を持ちながら直営店が多い場合、加盟店ファーストではなく本部ファーストである可能性もあります。

フランチャイズ店のメリット・デメリット

フランチャイズのメリットとデメリットについて、本部側・加盟店側の立場から見てみましょう。

本部から見たフランチャイズのメリットは?

フランチャイズの加盟店を活用すると直営店を増やすよりも早く、費用も安く店舗を増やすことができます。 直営店の場合は1店舗増やすごとに準備資金・運転資金の調達を行い、場所を借りるか購入をし、さらに人材を募集して教育するというパターンを繰り返していく必要があります。フランチャイズ加盟店であれば資金・人材は加盟店が用意するので本部にとってはローリスク・ローリターンです。 日常の販売活動(オペレーション)は各オーナーの責任となり、細部にわたって加盟店の指揮をとる必要はありません。

本部から見たフランチャイズのデメリットは?

一方、本部側のフランチャイズのデメリットとしては、どれほど売上が上がっても、ロイヤリティ以上の利益が得られないことがあります。また、直営店ではないため、マネジメントコントロールがしにくく、加盟店オーナーとの意見が食い違う可能性も出てきます。

加盟店側としてのメリットは?

加盟店側のもっとも大きなメリットとして、ノウハウや仕入先を提供してもらえるのでゼロからのスタートでもすぐに立ち上げられてコストも安くスタートでき、不安も軽減されることがあげられます。最初から自分ですべてを準備して、事業を行おうとすると、市場調査をもとに綿密な計画を立てなければなりません。マーケティングなしでは事業は成り立ちませんが、個人の力では限界があります。 取引先の確保、商品の調達経路に加え、さまざまな煩雑な手続きを行わなければなりません。フランチャイズ加盟店であれば、そうした立ち上げにかかる労力が軽減され、融資を受ける際にも有利になる可能性が高くなります。また場合によっては、資金や人材調達の協力を得ることもできます。

運営についてはこれまでに蓄積されたノウハウを提供してもらえるので、豊富な経験から学ぶことができます。随時サポートが受けられるため、オペレーションに専念できるのも大きな魅力です。

加盟店側としてのデメリットは?

フランチャイズ加盟店になることには、デメリットもあります。 フランチャイズチェーンによって自由裁量の幅が異なるため、自分で思い描くような運営ができない場合があります。独自性を出したくても、難しい立場です。契約を継続する限りロイヤリティを支払わなければならず、経営状態によってはロイヤリティが負担になることも考えられます。
最初にフランチャイズ本部の選び方を間違えてしまうと、ノウハウの提供やサポートに問題があるなど、事業をなかなか軌道に乗せられないといったことも起こりがちです。フランチャイズの良し悪しが、事業の成功に大きな影響を及ぼします。

メリット・デメリットの理解がフランチャイズ選びの参考に

企業にとってフランチャイズは店舗展開の戦略のひとつです。運営側の意図が理解できれば、フランチャイズ参入をする際の参考にできるでしょう。フランチャイズ本部によっては、加盟店への要求が厳しく、自由性が少ないところもあります。社員のように給与がもらえるわけでもないのに、オーナーとしての裁量の幅が狭すぎると独立開業の意味がないと感じるかもしれません。フランチャイズでの開業はゼロからのスタートと比べて、魅力的な要素が数多くあります。一方で、自分の希望する働き方を実現していくためには、フランチャイズ本部の方針を見極め、しっかりと選択していく必要があります。