フランチャイズで独立開業に成功する決め手は?成功率の高い業界とポイント

フランチャイズはゼロからひとりで開業することに比べ、リスクが低く成功しやすいと考えられます。経営のノウハウやさまざまなサポートが提供されているため、業界初心者でも参入が容易です。しかし一概にはいえず、同じフランチャイズでも比較的成功率が高い業界と、そうでない業界があるようです。また、加入するフランチャイズを誤ると、成功が遠のくばかりか、投入した資金をすべて失う可能性もあります。フランチャイズで独立開業に成功する決め手となるのは、どのようなポイントなのでしょうか。成功率が高いとされる業界、成功率を上げる方法について考えていきましょう。

フランチャイズで成功率が高い業界とは

フランチャイズとひと口にいっても、さまざまな種類が、さまざまな業界に広がっています。初心者でも比較的失敗の少ない業界について見ていきましょう。

コンビニエンスストアは競合の多さがネックに

フランチャイズといえば、一般的にイメージされやすいのがコンビニです。大手コンビニエンスストアチェーンならば認知度が高く、研修システムが整備されておりサポート体制が充実しているというメリットがあります。

しかし、裏を返せば自由度は非常に狭く、本部からの制約に縛られることもあります。
店舗取得などの初期費用が多額にかかり、相当額の自己資金が必要となるうえ、資金の回収には時間がかかります。オーナーだけでは店が回せないため従業員の確保は必須ですが、人材不足でオーナーが疲弊しているというケースが多々見られます。
都市部を中心にコンビニは乱立状態にありますが、一度店舗を構えてしまうと競合店が近くにできても、オーナーは手が打てないのが最大のデメリットです。

リペア業界がねらい目

リペア業界はサービス分野も広く、興味や技能に合わせて自分に適した事業内容を選ぶことができるため、フランチャイズで成功しやすいといわれます。
ひとりからでもスタートが可能で、出張サービスからはじめれば初期費用も少額で済みます。無店舗型であればリスクが低いため、最初は副業としてはじめてみるという方法もあります。

ニッチだが需要が確実な業界を探す

一見派手に見えて集客ができている業界であっても、自分が参入する頃には競合が増えて思うように利益が上げられなくなる可能性があります。

あまり知られていない分野でも、将来的に確実な需要が見込めそうな業界を選ぶことが大切です。

社会の動きを見れば、今後は高齢者向けのサービスの需要はさらに高くなっていくと考えられます。またペット向けの事業なども、常に一定の需要を見込めます。

細く長く需要がある市場を探すことで、ロングテール効果の高い業界を見つけ出すことができます。

フランチャイズの成功ポイント

どのような事業であっても、常に失敗のリスクが存在します。初心者がフランチャイズで成功できるポイントとは何でしょうか。

成功の7割はFC本部の選択で決まる?

フランチャイズ事業の成功については、フランチャイズ本部の選択が大きなカギです。フランチャイズでは本部が長年構築したフランチャイズパッケージを基盤とし、加盟店がそのノウハウを使って事業展開していきます。
業界での知識に乏しい新規加盟店にとって、成功の可否はパッケージングされた内容と質にかかっているといえるでしょう。
フランチャイズはコンビニ・飲食分野から、今ではより広いサービス分野へと拡大を続けています。注目されている業界であっても、本部の在り方はさまざまです。
特定の分野への参入を考えているときには、各フランチャイズ本部の歴史と実績および、事業への姿勢を見ることが重要です。

社会変化をにらんだ長期的視野

現代は状況の変化が非常に激しい時代です。今は良くても、状況が変化して事業内容が社会ニーズと合わなくなる可能性もあります。
本部がその業界について長期的視野をもっており、加盟店に対しても明確に考え方を伝えられるフランチャイズであれば信頼できます。将来に対する漠然とした期待ではなく、具体的に5年後10年後の展望をどうとらえているのかが、事業の継続に関わる大きなポイントです。
そのフランチャイズの事業分野が急成長を遂げて参入が相次いだとき、差別化の要素があるかどうかも、重要です。独自のノウハウや開発力のあるフランチャイズであれば、競合他社が増えてきても、それまでの自身の実績と合わせて太刀打ちできる力が持てます。

出店数と実績のバランスが重要

フランチャイズを選ぶ際に出店数は、ひとつの判断材料です。一概に多い少ないで、良い・悪いは決められませんが、ある程度の傾向を見ることはできます。

出店数の少ない本部には、出店に際してまだ有力なエリアが残っていますが、実績やノウハウが希薄である可能性が高くなります。フランチャイズが300店舗以上の本部は、成功事例もそれなりに多く見られます。また加盟店舗数が多いほど、人・金・立地についての戦略が確立されており、指導や助言も的確になると考えられます。

フランチャイズで成功率を上げる方法・事例

フランチャイズで成功率を上げるための考え方と、成功事例を紹介します。

現実的な視点を持つ

事業開始以後、重要となるのは当然ながら利益を上げ、経営を軌道に乗せることです。その点を考えるときには初期投資の金額よりも、投入した資金を回収できる期間を重視します。
フランチャイズ本部の直営店の実績や他の加盟店舗の実績といった、具体的な収益モデルを参考にし、現実的な予測を立てていきましょう。
また、失敗した加盟店の原因を本部が把握できているかどうかは、今後の事業運営に大きく関わってきます。本部から失敗した加盟店の理由を聞ければ、自分ならどう対処できたかを考えられます。実際に失敗を回避できると思えるのか、そのために何をしなければないのかを考えることで、事業者としての準備が強化されます。
事業の継続により自身のノウハウを蓄積し、将来的に差別化を図れる余地はあるのかといった、厳しく現実的な視点を常にもつことが、成功を引き寄せていきます。

成功事例1:リペア

フランチャイズ加盟店で成功している事例としては、高級車のホイールリペア事業で最高月収170万円を稼ぎだしている女性がいます。
スタート時は自宅で開業し、現在はガレージを確保。力仕事ではないため女性でもできたことや、軌道に乗るまで本部から強力なサポートがあったことなどを、成功のポイントとしてあげています。
有名住宅地として知られているエリアに立地しているため、その土地に合わせて高級車に特化したことが、効果的なイメージ戦略となりました。
女性ならではの丁寧で繊細な作業が評判を呼び、依頼が絶えない人気店となっています。

成功事例2:墓石クリーニング

核家族化、少子化といった社会状況から、ニーズを引き出して成功している例もあります。
墓石クリーニングは、遺族が遠方にいるなどの理由で、家族自身が手入れしにくい墓石の洗浄やメンテナンスを行うサービスです。長年手をかけられない状態だと、墓石は汚れるだけでなく劣化しやすくなります。
独自の洗浄技術で墓石を新品同様に磨き上げ、さらに欠けている部分の補修まで行います。同時に代参サービスも実施されており、お墓の面倒をみてもらえる便利なサービスとして口コミで広がり、着々とリピーターが増え続けています。

既成の概念にとらわれずに現実的な視点で選ぶ

「フランチャイズで成功しやすい業界」と聞くと、イメージとしてコンビニを頭に浮かべる人が多いようです。しかし、すでに国内のコンビニは飽和状態で、人手不足からオーナーが悲鳴を上げているというニュースもよく耳にします。
これからフランチャイズに参入する場合にはそうした既成概念から離れ、将来性を見すえた現実に目を向けなければなりません。人口減少や高齢化に向かう社会の中でも需要が伸びる業界は何か、信頼のできるFCはどこかに着目することが大切です。一度に大きな成果を夢見るのではなく、手堅く小さな成果を重ねていけるフランチャイズ探しこそが、成功への近道といえるのではないでしょうか。

 

参考: