脱サラしてフランチャイズ開業|メリット・デメリット・注意点

日本フランチャイズチェーン協会が発表した2018年度「JFAフランチャイズチェーン統計調査」によれば、日本国内のフランチャイズ総店舗数は26万4556店。2017年より1066店増(約0.4%増)と、10年連続でフランチャイズの店舗数は増加しています。売上高は26兆2118億円。昨年より6520億円増(約2.6%増)と、9年連続の増加です。

日本国内で順調に数字を伸ばしているフランチャイズビジネスは脱サラ後の選択肢として候補になりうるのでしょうか?
今回は、フランチャイズビジネスで開業する際のポイントをご紹介します。

脱サラとは

「脱サラ」という言葉をよく耳にしますが、そもそもどういう言葉の定義がされているのでしょうか。三省堂大辞林(第三版)によれば、「脱サラ」とは「脱サラリーマン」の略称で、サラリーマンを辞めて独立して仕事をはじめるという定義がされています。サラリーマンを辞め、ラーメン屋や居酒屋などの飲食店を始めるなど、自分が好きな分野で独立して働いていくイメージが広く普及しています。起業をして自分の会社を作る、商売を始めるのにフランチャイズビジネスを利用して事業主として独立する人もいます。フランチャイズを利用すればノウハウや本部の研修を利用できます。他にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

フランチャイズビジネスのメリットとデメリット

事業主として独立して仕事をすることは、起業やフリーランスと同じですが、フランチャイズにはさまざまなメリットがあります。

メリット

フランチャイズのメリットとして挙げられるのは、すでに企業名や企業イメージが世間に知れているため、知名度が高い状態からスタートができるということです。起業をして会社を作る場合には、まずはどのように自社の商品やサービスの知名度を上げるかという問題にぶつかります。そもそも会社の存在が知られていなければ、顧客にサービスが届きませんのでビジネスとして成立しません。その点フランチャイズは、全国的に展開しているチェーン店も多く、すでに知名度が高いことはビジネスをするうえで大きなメリットです。

お役立ち資料へ