独立してできる仕事 「手に職」つけて独立、トータルリペアビジネスの魅力とは

独立し、成功して思うような人生を送るためには、強みを持つことが大切です。先々を見据え、高い将来性のあるビジネスを選択し、それが強みになれば、成功に近づけます。そのためには、きちんと厳選してから何のビジネスをするのかを決めることが重要です。今回は、魅力的で強いビジネスの一例として、トータルリペアビジネスについて紹介します。

独立するなら、「強い」ビジネス

独立するうえで、どういうビジネスが強みになるのでしょうか。また、厳選して選ぶべきビジネスとはどのようなものでしょうか。以下で、「強い」ビジネスとは何かについて解説します。

需要が大きい

独立するなら、需要の大きいビジネスを選ぶのがひとつの方法です。誰もお客さんが来ないビジネスは見込みがないですよね。需要のあるビジネスを行うことは、とても大切です。しかし、需要は移り変わっていくものです。通販サイトを例にとると、「売れ筋ランキング」は変動しますよね。一時的に需要のあるビジネスをするよりも、長期的な売上を見込めるビジネスをするほうが、成功に近いと考えられます。

利益率が高い

薄利多売という言葉があります。それは利益率が低くても多く売ることで採算を取るビジネスモデルですが、規模の小さな自営業や個人事業主では大きな利益を生むことが難しいです。利益率が低いので、規模が大きくなければ大きな利益を望めません。小さな規模で利益を上げるには、利益率を高めることが必要です。利益率の高いビジネスは安定化しやすく、成長が早いです。また、多くの労働者を必要としない分、人件費などの固定費が圧迫しにくいという利点もあります。それらの理由から、利益率の高いビジネスは「強い」と言えるでしょう。

昔から強い「手に職」はどうか?

長年の経験とスキルを必要とする「手に職」系の仕事、というとハードルが高そうです。働き方・生き方を変える、といっても、チャレンジするのに躊躇してしまいそうです。しかし、きちんとした研修プログラムがあれば、短期間のうちに「手に職」を身に着けることもできます。

お役立ち資料へ