フランチャイズで独立・開業するための準備・流れとは?方法とポイント

「独立したい」と考えるとき、「事業運営のノウハウもないし」と先行きに不安を感じて、今一歩踏み出せないという人は多いのではないでしょうか。独立や開業にはいくつかの方法がありますが、そのなかにフランチャイズという選択肢があります。ゼロから自力で開業するのは難しくても、フランチャイズから始めれば夢が叶えられるかもしれません。しかしどのようにサポートが充実していても、準備をしっかりしておかなければ順調な船出が難しくなります。フランチャイズで独立・開業する方法やそのメリットを確認しながら、スムーズに進めるための準備について詳しく紹介します。

フランチャイズで開業するということ

フランチャイズでの開業について見ていきましょう。

フランチャイズ本部と契約を結ぶとどうなるの?

フランチャイズの加盟店として参加すると、パッケージングされたノウハウやブランド名、ロゴを提供してもらうことができます。無名の一個人にとって、業界で名前の知れた商標が使えることはとても有利です。
仕入先や取引先を自分で開拓する必要もなく、本部のマーケティングに従った戦略を実施していけば最初からそれなりの成果をねらうことも期待できます。
こうした支援サービスへの対価として、加盟店はロイヤリティを支払います。ロイヤリティの内容については、各フランチャイズで異なります。

独自開業との違い

個人で開業することとの違いは、店舗・サービスの方向性を決めるのは自分でなく、フランチャイズ本部だということです。そのため、事業への考え方についてのマッチングがとても重要になってきます。

秘密記事.png