好きを仕事にすることは何歳からだって挑戦できる!

Aさん/エリア:九州地方/2007年加盟/前職:会社員(営業)

独立のきっかけ

安部さん②.jpg

会社員時代は営業部長としてひた向きに働いていました。起きてから寝るまでが仕事といった風に休みがほとんどありませんでした。しかし、いざ50歳になり自分の人生を振り返ってみると昔のような向上心はなく、働いているポジションにも限界があるなと気づきました。「これが自分のやりたい仕事だったか・・・?」と悶々としていたところたまたまTVでトータルリペアを知りました。これは面白そうだと直感しましたね。家族や親戚には「大手会社を辞めて、こんな不景気に独立なんて・・・。」と言われましたが、元気なうちに自分がやりたいことをしたい!としっかり話し合いをして理解してもらいました。

技術は?

安部さん③.jpg

開業してから半年間は大きな利益になりませんでした。しかし施工件数は練習を含めて月30件程度。ほとんどをデモンストレーションで行いました。当時はまだまだ未熟な技術でもお客様からはすごい!と言って頂けて徐々に自信はつきました。ひたすら練習した成果もあり、開業してから1年で様々な施工方法を習得することが出来て、提供できる技術の幅が広がっていきました。開業当初焦らず仕事に向き合ったことが今の自分に繋がっています。

営業は?

安部さん④.jpg

技術講習は終わり、いざ営業いくぞ!という時に「本当に大丈夫だろうか・・・?」と不安になりなかなか営業に行けませんでしたね。悩んでいてもしょうがないと開き直り、その後3か月で100社営業に回りました。単発でお仕事は頂けるものの繰り返しの受注にはつながらず、月5~8万円程度の収入の時もありました。「繰り返し受注を頂くためにはどうしたらいいだろう」と考えた時、商品がいいもので気に入ってもらえたとしても、全く知らない人から営業をされたら、お客様はこの人、本当に信頼できるのかな?と不安に思うに違いないと気づきました。それからは商品ではなく自分を売り込むことを意識して営業しました。そこから徐々に仕事が増えていきましたね。

現在はお客様のほとんどが中古車販売会社。毎月10社からコンスタントにお仕事が頂けており、その他10社は隔月という感じです。売上の9割は固定のお客様で埋まっています。身に付けた技術で施工した分だけお客様からのありがとうと収入で結果が出ています。この先もこの技術でこの仕事を続けていきたいと考えています。

日ごろのエピソード

安部さん⑤.jpg

夢だったセスナの免許をとり、休みの日はセスナで飛び回っています。また昔からバイクが好きで以前バイクを見に行った時にハーレーに一目ぼれし、現金一括で購入してしまいました。休みの日は仲間と出かけたりとなかなかアクティブに楽しんでいます。