独立と起業はどう違う?それぞれの準備やリスクから適した職種をまとめて解説

会社を辞めて別の仕事をするというときに、「独立する」「起業する」という言葉があります。この二つは似たような意味で使われていることも多いですが、実は違いがあります。独立と起業では準備する内容も、リスクも多少異なりますが、明確に理解している人はあまりいないようです。この点についてしっかりと理解をしておくと、いずれ夢を叶えようとするときの参考になります。ここでは独立と起業について、準備やリスク・適した職種などを解説していきます。

独立と起業の違い

では早速、「独立」と「起業」の違いについて見ていきましょう。

独立とは

独立は端的にいうと、脱サラと考えてよいでしょう。企業などの組織に属さずに働くのが、独立です。束縛や命令を受けずに仕事ができますが、エンジニアやデザイナーなどのフリーランスでは業務を企業などから請け負う場合もあります。その他、自営業者として店を出したり、フランチャイズに参加したりする方法があります。
基本的には雇用されずに自分自身の手でお金を稼ぎだす形であれば、どのような方法であっても独立と呼ぶことができます。

起業とは

起業も独立と似たような意味で使われますが、起業は「創業」により近いイメージととらえればよいでしょう。新しく事業を起こせば起業したことになるため、サラリーマンをしながらでも起業することは可能です。
新たな商品やサービスを展開させたり、ネット通販のような方法で既存のマーケットに参入したりする方法があります。

単独でも起業はできますが、その先に会社を設立・法人化する、事業を組織化するといった方向性が多く見られます。退職して何らかの方法で独立した後から事業を起こす、または、会社で働きながら起業し、その後退職して独立というプロセスをたどるケースも見られます。

独立・起業の準備

それぞれの準備にはどのようなものが必要になるのでしょうか。

独立の準備

独立はその文字の通り、独り立ちする行動です。サラリーマンをしていると独立に憧れをもつこともありますが、組織を離れるという点について良く理解をしておかなければなりません。
社会保険や税金などの事務的な手続き、また社会的な身分を失うことについて知っておかないと、あとで退職したことを悔やむことになりかねません。
独立を成功させるためには、事前の十分な調査と検討が大切です。

まず、独立についてどのような形があるのかを調べていきましょう。

個人のスキルや、やりたい仕事の内容によって、フリーランスで仕事を請け負う、フランチャイズに参加して事業オーナーになるといった多様な方法があります。特に重要なのは、資金と収支の確認です。
どのような形の独立であれ、最初から順調に収入が得られない可能性を考えておく必要があります。
数か月から1年程度の間は、生計が維持できる生活資金を必ず確保しておきましょう。

起業の準備

起業については事業を起こすという観点のもとで、準備をしていきます。市場調査を行い、需要と事業の将来的な見込みを考えながら事業計画を作成します。
事業立ち上げについて、手続きや準備をしておくべき事柄に関する知識と経験が不足している場合には、コンサルティングを受けたり勉強会に参加したりするといったことも必要です。

会社勤めをしながら起業をする場合には多少の失敗でもダメージは最小限で済みますが、独立後に起業するのであればことさら入念な準備が求められます。
事業を軌道に乗せるための人脈づくりや相談役の確保も、できれば事業開始前から行っておきたいものです。

資金調達はどのように行うのか、融資が受けられる事業内容なのかは起業の大きなポイントです。さまざまな事例を参考に、綿密な計画を練っていく必要があります。

商品やサービスを提供する事業の場合には、見込み客の確保も進めていきましょう。ターゲットについてのリサーチを重ね、事業運営が継続できるよう販路を固めていきます。

独立・起業のリスク

それぞれのリスクについても知っておきましょう。

独立のリスク

例えば、脱サラをしてフリーランスで仕事をしようとした場合、営業力がないために思ったように受注ができないという可能性があります。
また、会社勤めをしていたときにはそれなりに自信があった業務でも、すべて自分でこなそうとしたときにスキルやノウハウが不足しているケースもあるようです。
ある程度は稼げると踏んでいた仕事でも、似たようなレベルのライバルが多すぎたという話はよくあります。例えば、店を構えるよりも気軽に始められるキッチンカーでの販売も、ライバルが多いと出店場所が確保できません。簡単に回収できると考えていたはずの初期投資分が、いつまでたっても完済できずに負担になり続ける場合もあります。
独立の方法は参考となる前例が乏しいと、自分に合うかどうかは的確に判断できません。独立の際に職種の選定を間違えてしまうと、結局は継続できないというリスクもあります。
独立してみて、初めて雇用されている方が楽だったと感じる人は少なくないようです。

起業のリスク

一時、学生やサラリーマンの起業がブームになり、数多く取り上げられました。しかし、そのなかから本格的な事業として継続できているのは、ごく一部にとどまります。
起業のリスクとしては、アイデアばかりに気を取られて事業計画が甘くなりがちになることが挙げられます。
社会の変化とともに需要は変わります。しっかりとした見通しを立てていかなければ、継続性が不確実になります。
個人運営から法人化する場合には、手続きが非常に煩雑なうえ、負担もかかります。法人化にあたり、事業所や従業員の雇用を行うことで、大きな負債を抱えやすいというリスクが高まります。

独立・起業に適した職種

独立・開業して働くのに適した職種としては、フリーランスエンジニアなどがあります。会社に属さず、プロジェクトごとに参加をするという働き方です。
コンサルタントや士業の資格を活かして開業する人もいますが、ある程度軌道に乗るまでは従業員なしで自宅をオフィスにすることで初期投資の負担を軽減できます。
本格的な起業としては、スクール系の運営や保険代理店、代行業・便利屋、不動産業などが考えられます。業種によっては資格取得が必要となるものも多く、また物件の賃貸など高額の初期費用を準備しなければなりません。

特に資格がないという人でも、ネットを通じて仕入れた商品を販売するという方法であれば、自宅で独自開業はできます。仕入れには資金が必要ですが、そこまで大きなリスクを背負わずに済むでしょう。
ただ、いずれの方法も、ゼロから一人で動くのは大変です。仕事が継続できるのか、どのくらいの収入が得られるのかやってみなければわからないところがあります。

そうした独立開業に不安があるという場合には、フランチャイズに参加するという手段がおすすめです。
例えば、トータルリペアの場合であれば初期投資が最小限に抑えられ、独立ノウハウを提供してもらえます。運営のモデルケースが豊富なので、収支予測をするのも容易です。何よりも相談できる本部があるため一人で悩みを抱えることなく、自分に合った手段での開業を選択していくことができます。

独立・起業の実行には、想像以上の厳しさが伴います。しっかりと下調べを行い、現実的な方向性を探っていくことが重要です。

まとめ

独立と起業は言葉的には似ているようでも、実際の働き方はそれなりに異なります。それぞれにリスクやメリットはありますが、どのように考えるかは個人にもよります。脱サラして自由に働きたいというのであれば、まずは独立を目指してみてはいかがでしょうか。トータルリペアのフランチャイズ参加であれば、比較的資金も少なくてすむうえ、起業するよりリスクも小さくなります。個人で事業をスタートするノウハウも提供してもらえるので、独立後の成功の可能性が大きく広がります。