フランチャイズの事例から見る成功ポイントと失敗の落とし穴

フランチャイズは、個人でゼロから事業を立ち上げるのと比べるとリスクの低い方法といわれています。しかし、それでも開業後には、人によって明暗が分かれてしまうのも現実です。フランチャイズで成功する人と失敗する人には、どこに違いがあるのでしょうか。ここではフランチャイズで成功するためにもっとも重要となる要素を知るために、失敗と成功の例を見ていきましょう。

フランチャイズで成功するための要素とは

サポート体制の確立した本部を選ぶ

フランチャイズの魅力は、オーナーがその業種に未経験であっても参入できることです。しかし、それはしっかりとした本部のサポートが得られてこそのことです。なかには、勧誘のときだけ積極的で、いざ開業後したら指導内容があいまいであったり、通り一遍のアドバイスしかもらえなかったりといった頼りがいのないケースもあるようです。
事業運営についての相談がいつでもでき、親身になって話を聞いてくれる。局面ごとのアドバイスが的確で、現実に沿った見解を示してくれる。そうしたフランチャイズ本部であれば、成功への道が見えてきます。

本部の経験年数・加盟店数

フランチャイズを選ぶ際には、本部の経験年数や加盟店数が見極めのポイントです。

お役立ち資料へ