脱サラしてフランチャイズ開業!成功するための心構えと知識とは?

脱サラしてフランチャイズで起業する際、どんなことに注意して進めていけばいいのでしょうか? 成功する心構えと開業までのステップ、フランチャイズ本部の選定ポイント、注意点についてご紹介します。

フランチャイズで起業するときにまず始めること

フランチャイズを理解しよう

フランチャイズでの起業を決めたらまず、フランチャイズの仕組みをしっかりと理解しましょう。
フランチャイズ契約とは、フランチャイズ本部がフランチャイズに加盟する個人や法人と契約し、ブランドや商標、サービス、経営ノウハウなどを提供する見返りに、一定の対価(ロイヤリティー)を微収する関係を結ぶことをいいます。加盟店は、本部のブランド力や経営ノウハウを利用して利益を生み出すことができ、本部は加盟店からロイヤリティを取得できます。両者はまさに、事業運営の共同パートナーともいえます。
フランチャイズの魅力は、利益が出やすいビジネスモデルと、未経験の人でも始められるように必要なものがパッケージされていることです。その反面、事業運営は本部の方針に従う必要があり、完全に自由に自分の思う通りの経営はできません。

経営者としての自覚を持つ

フランチャイズ加盟者は、本部の従業員ではありません。フランチャイズに加盟するなら、加盟者は経営者の自覚を持つことが大切です。フランチャイズ契約をして、本部がバックアップしてくれるといっても、本部に依存してしまうのはいけません。また、フランチャイズでは経営者といっても、本部の経営方針に従う必要があります。そのため、本部の指示に素直に耳を傾けて従う姿勢があるかどうかも問われます。一般的に事業が軌道に乗るまでは一定の期間がかかることが多く、事業が上手くいかなかった際のリスクと損失も背負う覚悟も必要です。

フランチャイズでの起業、事前準備~開業までのステップ

情報収集と候補の絞り込み

加盟したいフランチャイズをいくつかピックアップして、事業モデルを比較してみます。説明会や展示会へも参加してより詳しい情報を集め、候補を絞り込みます。
フランチャイズでは、未経験でもはじめられるものが数多くあるので、経験がないからと諦めずに、興味がある仕事があれば積極的に情報収集するとよいでしょう。

本部へ行き詳しい説明を聞く

ある程度、候補が絞り込めたら本部へ行き疑問点や詳しい契約内容を聞いてみます。その際、以下の点をクリアにするようにします。

  1. 「一時的に払うもの」「継続的に払うもの」「それ以外の支払い」に関して、「いつ」「誰が」「何のために」支払うのか、加盟店を売却する場合や解約する場合はどうなるのか。
  2. 加盟店は本部にお金を支払うことで、何をしてもらえるのか、どんなメリットがあるのか。
  3. お金が返金されるのはどんな場合か。
  4. 本部のサポートには具体的にどんなものがあるか。
  5. 加盟店がやらないといけないこと、やってはいけないことは何か、やってはいけないことをやった時のペナルティは何か。
  6. 成功している加盟店の共通点と失敗している加盟店の共通点はそれぞれ何か、どうすれば上手くいくのか、何が原因で上手くいかないのか。

これらの質問への答えを吟味したうえで、これなら自分でもできると思えるかどうかが、加盟するかどうかの決め手となります。

契約内容の確認と加盟手続き

説明されていた契約内容と契約書に相違がないかを確認し、加盟手続きをします。契約内容を読み落としていた、勘違いをしたまま契約をして後でトラブルが発生したという場合、その責任は全て契約者側にあります。契約内容の確認では、不明な点があればうやむやにせずに本部に質問し、必ず内容に納得してから契約するようにします。

開業

経営者としての自覚と責任を持って、事業を開始します。どうすれば集客ができるか、お客様に喜んでもらえるか、営業やマーケティングを勉強しながら毎日運営する事業への改善をかさねていきましょう。

本部の選定ポイント

ビジネスモデルの優位性

フランチャイズでは、本部の運営方針に従うことになるため、どんな事業モデルを選択するかが、大きな成功への分かれ道となります。加盟したいと思う事業自体に利益を継続して生み出すことができる仕組みと、市場での優位性があるかどうかをしっかりと見極めるようにします。

収益シミュレーションに嘘はないか

本部が提示している収益シミュレーション通りの利益を、加盟店が現実にあげているかどうかを確認します。本部がいう収益シミュレーション通りになれば問題はありませんが、そうではない場合には、思うように売上があげられず、潰れてしまうということも考えられますので特に注意が必要です。
なぜ、本部がいうように収益が上がるのか、フランチャイズ本部の評判は悪くないか、成功している加盟店の共通点と失敗している加盟店の共通点はそれぞれ何かなどを分析してみます。また、本部が提示しているモデルケースと自分が実際に開業しようとしている条件が同じかどうかもきちんと確認しておきましょう。収益シミュレーション自体に嘘はなくても、設定された条件が「規模の大きな駅前の一等地」など、達成困難な店舗であるような場合には、実際の収益と大きく乖離しまう可能性があります。これらを検討したうえで、収益シミュレーション通りの売り上げを自分があげられると思えるかどうかがポイントとなります。

加盟条件

契約書の契約内容をよく読んで、支払い条件や契約期間などに問題がないかを確認します。ロイヤリティの負担が大きすぎないか、支払うお金とその内容に妥当性はあるのか、など特に支払うお金に関しては、徹底的にチェックする必要があります。加盟条件は基本的に本部に有利な契約となるため、契約書をよく読んで内容に同意できるどうかをしっかりと判断するようにしましょう。

企業理念に共感できるか

数多くあるフランチャイズ本部には、開店時に加盟店に加盟金や保証金などの多額の投資をさせることで、利益を上げるオープン屋といわれる悪徳本部も存在します。開業時に利益をあげてしまえばそれでよく、経営状態悪化後のサポートを受けられないようなことがあるかもしれません。このような悪徳本部に騙されないためにも、本部にきちんとした理念があり、その理念を事業のなかで実行しているかどうかを見極めることが大切です。
そのうえで、本部の理念に共感でき、一緒に同じ理念に向かい仕事を進めていけるかどうかを考えてみます。

フランチャイズでの起業と開業後の流れ

大部分のフランチャイズ契約は、自動更新制です。そのため、契約期間が満了しても、双方に問題がなければ契約は更新されます。契約終了の理由は契約期満了がもっとも多い理由ですが、本部と加盟店との間で齟齬があれば、契約途中でも契約解消になることもあります。
フランチャイズ契約では、「競合避止義務」と「秘密保持義務」を規定している本部がほとんどです。
「競合避止義務」は、加盟者に加盟する本部と同種もしくは類似の事業を行うことを一定期間制限することです。その期間は、契約中だけでなく契約終了後も制限されることがあります。「秘密保持義務」は、加盟者は本部から提供される経営ノウハウや営業上の秘密を第三者に開示してはいけないという義務です。
加盟者が「競合避止義務」や「秘密保持義務」に反した場合、違約金の支払いなどのペナルティが発生するので注意が必要です。また、これらの規定があるために、フランチャイズで身につけたノウハウを利用して、自分で独立したいと思っても独立することは難しくなります。

まとめ

フランチャイズは成功しやすいビジネスモデルを採用しているといっても、利益を出せるかどうかは加盟店のオーナー次第です。加盟者は経営者としての自覚を持ち、本部をよきパートナーとして事業を進めていく必要があります。脱サラし、フランチャイズでの起業を決意したら、フランチャイズ契約から事業で起こる問題のすべてに責任をとる覚悟を決めることが大切です。
契約を結ぶ前にフランチャイズの仕組みをよく理解し、事前によく情報収集をして、契約書などでわからないことがあれば弁護士や司法書士に相談することで、トラブルを防ぐことが大切です。