転職か、脱サラか、あなたは選べますか?

サラリーマンとして長く勤めている40代の方が、よく考えることのひとつに、「転職か、脱サラか」という問いがあります。

「現在の仕事は充実しているが、年金問題などのことを考えると、定年があるサラリーマンをこれ以上続けていてよいものか」、「やはり組織にとどまって、このまま勤めあげるべきか」……といった悩みを持つ人も少なくないようです。
転職を考える場合、かつては「35歳の壁」といわれた転職市場も管理職の負担が大きい昨今では、40代はまだ引き合いが多いのが現状です。しかし、もしこのチャンスを逃がすと、それ以降のステップアップを目指す転職はもはや「大きな賭け」ともいえるでしょう。
こうした背景があり、40代で転職か、あるいは脱サラか、と思いを巡らせる方は多いのです。

転職か脱サラかを決める判断基準と、もしも脱サラする場合、何が必要になるか、何をすべきかを説明します。

40代、なぜ転職や、脱サラを考えるのか

転職や脱サラを考える年齢は、40代が多い背景については冒頭でお伝えしましたが、まずはその根本となる理由について詳しく見ていきましょう。

転職・独立を考える根本の理由とは?

40代に差し掛かると、プライベートにおいては結婚し、子供が産まれ、家庭を築いている人も多くいることでしょう。そのなかで、住宅ローンの返済や教育費を考えることは当たり前のようにある光景ですが、こうしたお金に関する悩みのなかで定年のない環境で働き続けるにはどうするか、より収入を上げるにはどうすればよいかといったことを考えるようになります。

こうした不安を根本に持ちながら、40代のサラリーマンが今後のことを考えた場合、ひとつの選択肢は、転職です。定年までの期間が長い職場か、給与などの条件がもっと良い職場に転職できて生活の不安が解消できれば転職は成功といえるでしょう。

しかし、誰もがそういう条件の良い転職ができるものではありません。今とあまり条件の変わらない無難な転職に落ち着いてしまう例も多く見られます。

サラリーマンが脱サラを選択肢にできるのか?

その一方で、脱サラは選択肢のひとつでありながら、いざ脱サラしようとしても、何から着手してよいのかわからないというのが実情のようです。
ゼロから自分の力で脱サラするなら、これまでに培ったキャリアやスキルを活かすことが前提となるため、5年・10年と長い準備期間が必要です。この点、フランチャイズシステムを活用すれば、ものの数か月で独立することも可能です。
ただし、フランチャイズといえども、収入保証があるわけではないので、脱サラするのに、一歩踏み出すのは躊躇するものです。

結局、転職や脱サラを考えた根本的な問題は解消されないまま、無難に転職を繰り返すという人が実態としては多いのではないでしょうか。
しかし、今のままの仕事を続けていったときに、5年後・10年後・20年後、収入的にも、時間や体力的にも、やりがいなど精神面的にも安泰と思うなら、そもそも転職も独立も考えることはなかったのではないでしょうか。もし、本気でこの先の人生を変えようと思うなら、自分にとって転職が良いのか脱サラが良いのかよく考えてみましょう。

脱サラするならどんな方法を選ぶべきか

脱サラを現実的な選択肢にするにはどうしたらよいのでしょうか。
端的にいうと、脱サラして手にする仕事で、自分と家族が生活していけることがわかっていれば、安心して次のステップに踏み出せるということです。一体、どんな方法を選ぶとよいのでしょうか。
以下で一緒に考えてみましょう。

脱サラする方法は何を選ぶ?ゼロから自分で起業か、フランチャイズで起業か?

脱サラの方法には、ゼロから自分で起業する方法と、フランチャイズで起業する方法の2通りがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

  • ゼロから自分で起業のメリット

自分で場所・時間・働くスタイルなど、100%働き方を決められる。

  • ゼロから起業のデメリット

資金調達から始まり、人員募集や人材育成、営業・広告宣伝など、全て100%自分でリスクを負わなければならない。

  • フランチャイズのメリット

本部の研修などで、手に職が付けられる。本部のブランドで営業活動が可能になる。

  • フランチャイズのデメリット

なにかとフランチャイズ契約には決まりごとが多く、自分でゼロから始めるよりは多少窮屈に感じる面がある。

さらに、成功するための起業の仕方を考えると、40代で起業する方には、過去、職務で関わっていた分野での経験を活かして起業する方が多いようです。
リスクを100%負う起業でも、どの程度のリスクなのか、回避するにはどうしたらよいのか、といった点においては未経験の場合よりも見通しを持ちやすいといえます。

加えて、脱サラをして仕事をするということは、「自分で仕事を作る」ことを意味しています。過去の経験を活かす、といっても、仕事を作ることができないと起業はうまくいきません。
今まで培った経験があるからやればなんとかなると思って安易に自分で起業して失敗するケースは多いようです。経験があるからといって安易に始めるのは危険です。

フランチャイズなら努力次第で独立が可能

多くの人が、過去の経験から専門性を持っていたり、集客や販促に強みを持っていたりするわけではありません。過去の経験に関係なく起業する場合は、誰かに手ほどきを受けながら、努力を重ねて最終的に自力で生活できるようにしていかなければなりません。
その点においてフランチャイズは、必ずとはいきませんが、努力による独立を可能にするビジネスモデルであるという面があります

脱サラに成功するポイントとフランチャイズの強み

資金面から見ると、重すぎない初期投資と枯渇しない運転資金が脱サラの際のポイントです。
また、売れるスキルを身に着けることや、集客・販促に時間がかけられることが必要ですが、これは売り上げを徐々に増やしていく数値目標、集客・販促などの行動計画、これらに時間をかけたときのコストと、手元に残る運転資金の計算、うまくいかないときの対応策など、必要となることを明確に決めていくことが課題になります。
事業計画書のひな型に何度も内容を記入するなどしながら、十分な資金と行動の具体的計画を立てましょう。

この点は、フランチャイズで初期投資の目安が可視化されていること、本部のブランドを販促・集客に使える点は、計画を立てやすいので、脱サラへの追い風になります。

修理ビジネスで脱サラするメリット

修理ビジネスは、脱サラを成功させるという観点から、資金面やビジネスの特徴の点で、下記のようなメリットがあります。

修理ビジネスフランチャイズの2大メリット

  • 無店舗でできる:多くの修理ビジネスの場合、無店舗で開業することが可能

無店舗で開業した場合、店舗を構える際にかかる改装費・保証金・家賃・管理費などの費用が必要ないので、初期投資は多くありません。また、月々の固定費も同様に比較的に少額で抑えることができます

  • 研修で手に職が付けられる:研修で修理技術を身に付けられるフランチャイズが多数

修理技術は粘り強くコツコツと練習し、努力することが必要ですが、逆にいうと、努力の量だけ結果が出てくるメリットがあるものです。

多種類修理のフランチャイズ「トータルリペア」とは

修理に関するフランチャイズでも、「トータルリペア」なら、生活していくことができ、そして、成功もしやすいビジネスです。メリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 多種類の修理:需要が途切れにくい
  • 十分な研修:何度でも無料で研修を受けられるので、確実にスキルを身に着けられる
  • 初期投資は150万円から:初期投資を無理に回収しようとして、失敗する確率が低い
  • 売上1000万円に到達しない場合、加盟金を返還:1000万円に売上が到達するまでの本部の資金面でのサポート(1市1社制。詳しくはお問い合わせください)。

コツコツと修理の練習をし、集客に時間と手間暇を十分にかけられれば、サラリーマンから独立し、成功への道が開けるビジネスなのです。

転職か、独立か?「トータルリペア」は現実的な選択肢

ゼロから独立する場合の準備は何年もかけて行わないとうまくいかないもので、たとえ、ゼロから数年かけて独立できたとしても、さらに一人で背負いきれないほどのリスクを負う危険があります。成功できる可能性はそれほど高いものではありません。
しかし、フランチャイズによる独立なら、独立までの時間は数か月で、独立した後に地道な努力をしていけば、成功できる可能性は高くなります。
特に無店舗でも開業でき、初期投資・固定費が抑えられていて、資金面で有利なうえ、本部のサポートがしっかりした多種類修理ビジネスのフランチャイズ「トータルリペア」なら、転職とどちらがよいか、現実的な選択肢となりやすいでしょう。