起業して成功する人の特徴とは?

起業しても成功する人はごくわずかといわれるなかで、成功する人と失敗する人はどのように違うのでしょうか。起業に向かない人の傾向と、起業して成功する人の傾向を紹介します。

起業に向かない人

人のせいにする

トラブルが起きたときに、その捉え方が自責であるか他責であるかによって、その後の事業の成長に大きく影響を与えます。自責思考では、トラブルの原因が自分にあると考え、行動を振り返り改善しようとします。
他責思考は、問題の所在を自分以外に求めるため、他者を責め続けるだけで自己改善を試みることがありません。他責では、事業を行ううえでの責任を負うことは難しく、せっかくの成長の機会を逃してしまいます。

起業が目的になっている

今が嫌だから起業する、というような起業が目的になっている人は、事業をやり抜くことは難しいでしょう。
企業はゴールではなく、スタートです。実際に起業してみると、現状がよくなるどころか苦労の連続、会社に勤めていた方がよかった、ということにもなりかねません。

頭でっかち

ちまたでは、多種多様な起業セミナーが開催されています。しかし、これらは主催者側の目的ありきで開催している場合が多く、参加したからといって起業の成功を約束するものではありません。起業は学問ではなく、実践の連続です。考えながら行動をして、うまくいく方法を見つけることが大切です。

起業をやり抜く情熱と動機が希薄

起業しても何もかもがスムーズに行くことは、まずありません。失敗やトラブルのなかでも、事業を進めていくにはとてもエネルギーが必要です。そのエネルギーは、まさに「なぜ起業をするのか」という動機につながります。高尚なものでなく、例えば「お金持ちになりたい」というような動機でも、強いエネルギーとなりえます。

できる理由よりできない理由が浮かぶ

起業家には、普通に考えてできないことを、どうやったらできるかを具体的に現実化することが求められます。できない理由ばかりにとらわれていても、問題の解決はできません。

お金を稼ぐイメージが持てない

サラリーマンとしてではなく、自分の事業でお客様からお金をもらい生活できているイメージが浮かぶかどうかも大切なポイントです。起業では、お金は会社からもらうのではなく、自分で事業を生み出してお客様からもらうものです。イメージが浮かぶかどうかは、稼ぐ能力に関係します。

持続的に新しい目標設定が出来ない

起業はゴールのないマラソンのようなものです。成功して歩みを止めてしまえば、そこで競合と差がついてしまい市場でとり残されてしまいます。起業では常に自分で意識して改善を重ね、新しい目標設定をすることが求められます。

起業に成功する人の共通点

魅力的な人柄

起業に成功している人は、人間性が高く自然に周囲から応援を得られる性格の持ち主です。実力があっても性格が悪ければ、必要な支援が得られないばかりかお客様は近寄らず、従業員も離れてしまい、結果、事業の継続どころではなくなります。

仕事を愛している

起業に成功している人は、共通して自分の仕事を愛しています。自分の好きなこと、得意なことで起業しているので、休みなく働いてもまったく苦にならず楽しそうです。好きなことを仕事にして、自分のサービスや商品が社会に価値を生み出せたとしたら、これほど幸せなことはありません。

走りながら考える

卓越したアイデア・行動力・スピード感を持っていて、思いついたらすぐに実行にうつしていきます。失敗を恐れず、挑戦していく気概があり、失敗してもそこから多くを学びます。多くのアイデアとそれをすぐに実行にうつすスピードがあれば、競合に対抗できる可能性が高くなります。

お金に関する感覚と知識が優れている

商売の基本は、収入額を正しく予測し、無駄な出費を抑えることです。起業に成功する人は、お金に関する感覚や知識が秀でており、それゆえに合理的で手堅い経営判断をします。

先見性がある

世の中の変化に敏感で先見性があります。起業のうえで大切なことは、どのくらい先の社会のニーズを見通すかです。10歩先では、世の中が変化して売上が安定する前に、会社を維持できなくなる可能性があります。反対に1歩先では、すでに多くの企業が手をつけていて、競合との価格競争に巻き込まれてしまいます。3歩先ぐらいの社会ニーズを見通すのが起業にはちょうどよいでしょう。

素直である

独断でなんでも自分でやろうとはせずに、自分の不得手なことや知らないことは、専門家に尋ねてアドバイスを求めます。自分のことをよく知っていて、得手・不得手の区分けができていることもありますが、それ以上に素直に人の意見に耳を傾ける姿勢があります。

オリジナリティと差別化

提供しているサービスや商品にオリジナリティがあり、他社と差別化ができており、なんらかの独自ノウハウを持っています。物が溢れネットで簡単に手に入る時代、他社と差別化できているかどうかは大切なポイントです。差別化されていれば市場で有利な立場に立つことができます。また、独自ノウハウにより付加価値を生み出して差別化をはかれば、他社との価格競争を回避できます。

プロモーションが上手

プロモーションや売り方が上手で、営業マンとしての能力も発揮できます。いいサービスや商品を持っていても、売り方やプロモーションに問題があれば売れません。また、社長は会社の代表として取引先などと交渉する能力も求められます。

成功した起業家に学ぶ

成功した起業家の言葉を紹介します。

ビル・ゲイツ

大学在学中に友人とともにMicrosoftを設立。OS「Windows」は市場の圧倒的なシェアを獲得し、Microsoftは20世紀におけるもっとも成功した企業のひとつとなりました。

“最初から、我々の目標は『すべての机と、すべての家庭にコンピュータを』だった”
ビル・ゲイツはパソコンが一般に普及すると誰も考えなかった時代に、その時代を予測し、IBMとの契約で著作権は譲らず、Windowsをパソコン一台あたりの使用料契約にしました。

“君が失敗したら、それは両親のせいではない。君のせいだ。だから弱音を吐かず、失敗から学びなさい。”
人のせいにせず、失敗から何かを学び取る姿勢がうかがえます。

“自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。”
オリジナリティを重視する言葉です。

スティーブ・ジョブズ

Apple社の共同創設者の一人。Macintoshを世に送り出し、iMacやiPad、iPhoneなどのヒット商品を開発しました。Apple社はアメリカを代表する主要IT企業GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)のひとつに数えられています。

“頭で理解することより、体験に価値を置いている”
ジョブスが影響を受けた禅の教えからの言葉です。

“前進し続けられたのは、自分がやったことを愛していたから”
Macintosh発表から1年後に、アップルを突然解雇されても前進できたのは、”それでも、自分がしたことを今も愛している”という確信だった。

“安全にやろうと思うのは、1番危険な落とし穴なんだ”
スティーブ・ジョブズは、伝統的なMacOSのスタイルを捨ててデザインを一から見直すことや、iPodで一番の売れ筋だったminiの生産を打ち切り、後継のnanoの開発をしました。そこからは「さらに改善し良いものをつくりたい」という考えが読み取れます。

まとめ

こうしてみていくと成功した起業家と、そうでない人の差は実はほんのささいなことのようにも思えてきます。ほんの少しの考え方や行動の違いが、大きな差を生み出すのなら、参考に見習ってみるのもいいかもしれません。