資料ダウンロード(お役立ち資料)

 

 

「独立したい」と考えるとき、「事業運営のノウハウもないし」と先行きに不安を感じて、今一歩踏み出せないという人は多いのではないでしょうか。独立や開業にはいくつかの方法がありますが、そのなかにフランチャイズという選択肢があります。ゼロから自力で開業するのは難しくても、フランチャイズから始めれば夢が叶えられるかもしれません。しかしどのようにサポートが充実していても、準備をしっかりしておかなければ順調な船出が難しくなります。フランチャイズで独立・開業する方法やそのメリットを確認しながら、スムーズに進めるための準備について詳しく紹介します。

フランチャイズで開業するということ

フランチャイズでの開業について見ていきましょう。

フランチャイズ本部と契約を結ぶとどうなるの?

フランチャイズの加盟店として参加すると、パッケージングされたノウハウやブランド名、ロゴを提供してもらうことができます。無名の一個人にとって、業界で名前の知れた商標が使えることはとても有利です。
仕入先や取引先を自分で開拓する必要もなく、本部のマーケティングに従った戦略を実施していけば最初からそれなりの成果をねらうことも期待できます。
こうした支援サービスへの対価として、加盟店はロイヤリティを支払います。ロイヤリティの内容については、各フランチャイズで異なります。

独自開業との違い

個人で開業することとの違いは、店舗・サービスの方向性を決めるのは自分でなく、フランチャイズ本部だということです。そのため、事業への考え方についてのマッチングがとても重要になってきます。
フランチャイズといってもさまざまな形がありますが、契約後に後悔のないように、契約内容を理解したうえで選んでいかなければなりません。
フランチャイズはゼロからのスタートではないという安心感がありますが、まったくの個人開業とは違い、従うべきルールがあることを意識しておきましょう。

フランチャイズ開業は何が良いのか

フランチャイズでの開業は、ゼロからの開業と比較して資金面での負担が少ないといわれています。事業計画がしっかりと打ち出されており金融機関からの融資が受けやすく、開業資金の一部を貸し出すプランを準備しているフランチャイズもあります。
商標の使用権が与えられるため、すでに認知されているロゴを使うことができます。商品やサービスを自分で開発・仕入れをする必要がなく、また本部が一括で行うので個人よりも安価で安定的に購入ができるという大きなメリットがあります。
業界に精通した担当者によるビジネスモデルが提供されるのが一般的で、販促活動に煩わされることもありません。事業運営のリスクは、個人開業と比較にならないほど低くなると言えるでしょう。

フランチャイズで開業する流れと方法

フランチャイズで開業する流れとポイントを見ていきます。

1.  業種・業態の選択

どの業種で働きたいのか、店舗の有無、フランチャイズにどこまで関わって欲しいのかといった、自分の希望を明確にしていきます。がっちり稼いでいきたい、地元に貢献したい、手に職を付けたいといった働き方や最終的な目標まで考えていきましょう。

2.  トレンドリサーチ

開業予定を考えている業界の見通しはどうなのか。中途参入しても顧客を確保できるのか。少子高齢化の流れのなかで、将来的にもニーズがあるのか。業界を取り巻く環境や市場動向をチェックしながら、十分なリサーチを重ねます。例えばカーリペアの老舗であるトータルリペアが提供しているサービスは、大手ディーラーなどが手がけにくい修復作業であり、時間のない人に重宝される出張型のサービスです。一台の車に長く大切に乗りたいという人がいる限り、末永く愛される業態といえるでしょう。

3.  フランチャイズ企業の情報収集

開業の成功の決め手となるのが、フランチャイズ(本部)のリサーチです。フランチャイズシステムの種類には、コンビニのように本部が主導する店舗型と自由裁量が大きい無店舗型があります。どのフランチャイズが加盟店に対してどのような形のサポートを提供しているのか、先に確認しておく必要があります。
例えば、ロイヤリティ無料のフランチャイズもありますが、サポートがなかったり仕入れ値に大きな上乗せがあったりする場合が多いため、安易に飛びつくのは危険です。
もっとも重要なのは、フランチャイズの実績と経験に培われた信頼性です。トータルリペアはFC本部として39年の歴史があり、着々と社会的な信用を得てきました。事業運営のノウハウ、マーケティング戦略と成功事例など、積み重ねがあってこそ、フランチャイズ加盟店を強力にサポートできるのではないでしょうか。

しっかりとした現実路線の経営方針が打ち出されているか、現在までの出店数、チェーン展開しているエリア、ターゲット層の読みなども、フランチャイズを選択する際にぜひ確認しておきたい要素です。

4.  フランチャイズ説明会・相談会に参加

フランチャイズについての調査ができたら、実際に説明会や相談会に足を運んでみましょう。調査の段階で疑問に思う点があれば、遠慮なく質問してみてください。
特に詳細に確認しておきたいのが、サポート体制です。そのほか、フランチャイズ開業までの進め方やスケジュール、研修の有無についてもしっかりと確かめておきたいところです。将来的に独立を視野にしているのであれば、その点について言及してみることもできます。
説明会や相談会に参加したからといっても、必ず加盟店にならなければいけないということはありません。これと思ったところには積極的にアプローチしながら、納得のできるフランチャイズを見つけ出していきましょう。

5.  個別相談で詳細を詰める

フランチャイズへの加盟を決めたら、具体的に契約までの詳細を詰めていきます。開業手続きについてのアドバイスを受け、加盟金・保証金の確認など契約上の項目にあいまいな点を残さないようにします。

良い部分だけではなく、うまくいかなかったときの具体的な対応も思いつく限り聞いてみてください。フランチャイズに加盟しても、運営をするのは自分自身です。個人的な不安材料はなるべく解消しておくことが大切です。

また、資金面についても、融資先などを相談してみると良い提案がもらえるかもしれません。

フランチャイズで独立・開業するための準備

フランチャイズでの独立を進めるための準備にはどのようなものが必要になってくるのでしょうか。

事業計画立案

フランチャイズでも開業するためには、自分自身で準備をしていかなければなりません。自由裁量の範囲にもよりますが、どのようなフランチャイズであっても事業運営の主役は自分です。本部からのビジネス事例を元に、資金回収の目途をつけ、期間ごとの目標を立てていきます。
家族や親族だけで業務を行うのか、スタッフを雇用するのかなど、経営体制も考えていきましょう。

資金計画

店舗がある業態の場合には、資金計画も大きなものとなります。物件取得費・内外装工事費・設備導入費など、店舗の準備にかかる金額は、無店舗型と比べて大きくなることに注意しなければなりません。
開業資金平均額は、本部事業者側で店舗を用意する場合の平均が約2,200万円、加盟店側で店舗を用意する場合では約3,300万円となっています。内訳には開店時の商品仕入れ・サービス供与代や研修費が含まれていますが、それにしてもかなりの額です。

一方、無店舗型フランチャイズのトータルリペアの場合では、加盟金と機材費でおよその目安金額として157万5,000円程度です。脱サラする人にとっては決して小さくない額ですが、それでも店舗型と比較すると負担はかなり小さくなります。無店舗型の場合、完全に会社を辞める前に試運転的に事業をスタートさせる人もなかにはいるようです。
フランチャイズの開業資金については、審査基準を満たしていれば、各金融機関から融資を受けることも可能です。日本政策金融公庫の新規開業資金融資制度、新創業融資制度、女性・若者/シニア起業家支援資金融資制度など、利用できる制度はいくつかあります。

また、フランチャイズによっては、開業資金についての有利なプランを提供しているところも見られます。個別相談を申し込む際、資金面についても相談しておくとよいでしょう。

必要資格の有無

フランチャイズであっても、営業するにあたって資格取得が必要となる業種もあります。例えば、美容院やエステなどの場合、資格取得者がいなければ営業の許可がおりません。飲食業についても同様に、複数の資格が求められる場合があります。
トータルリペアの場合、業務経験は問わず、年齢や性別、経験に関係なくできる仕事です。リペアを体験されたい方へは無料技術体験会も開催しており、開業前に商品知識研修や施工技術研修を自信がつくまで何度でも受けられます。

フランチャイズ開業もできる限りの準備が大切

フランチャイズは独自開業に比べると失敗率が低いといわれていますが、それでも上手く軌道に乗せられずに撤退するというケースもあります。いくらマニュアルが完備され、ビジネスノウハウをサポートしてもらえても、経営者が経営の基本も知らずにいてはうまくいくはずがありません。フランチャイズ開業についての情報を集め、自分でできるだけの準備をしておくことが大切です。流れを把握し、スムーズな開業と事業の成功を目指しましょう。39年の実績をもち、フランチャイズを展開するトータルリペアは、開業する人の90%が未経験者。無店舗で開業でき、自由裁量がありながら強固なサポートで加盟店からの評価を頂いています。夢の実現に向けて、ぜひ一度ご相談ください。

 

参考:

 

 

資料ダウンロードへ戻る