資料ダウンロード(お役立ち資料)

 

 

ニーズが高く成功する見込みのある分野で脱サラして独立したとしても、マーケティングや経営知識などの不足により失敗するケースがあります。今回は、脱サラに失敗してしまう理由と、失敗しない秘訣について紹介します。

脱サラに失敗する理由とは?

脱サラに失敗する理由はさまざまですが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

マーケティング不足

起業が夢を実現する手段となり、自分の好きなことを事業にしてしまうことがあります。好きなことを仕事にするのは良いことですが、よくある落とし穴として独りよがりな考えでビジネスをはじめてしまい、社会が求めるニーズと事業の方向性にズレが生じているケースです。マーケティングをしっかりとせずにビジネスを進めれば、いずれ行き詰まることは目にみえています。
事業選択では、自分のやりたいことが発想の起点となるのではなく、社会のニーズを起点にすることが大切です。
はじめたい事業があるならば、誰がお客様になり、なぜそのお客様に商品やサービスを購入してもらえるのかを考えてみましょう。すでに同業他社が多いビジネスなら、なぜお客様に選んでもらえるのかの理由を考えてみることをおすすめします。

経営に関する知識の不足

経営には、会計・税務・法務・労務・融資・助成金といった広範囲の知識が必要です。
サラリーマンなら、会社で与えられた自分の仕事をこなしていれば最低限の責任は果たしたことになりますが、自分が経営するとなるとマネジメントだけでなく、複数の分野の知識を身につけなくてはなりません。会社に雇われている間に、経営に関するすべての知識を得ることができるのは稀です。
フランチャイズではなく個人で一から起業する場合は、経営に関する知識不足は起業の成功へのハードルが高くなる大きな要因です。

イニシャルコストが高い

事業をはじめてもすぐに利益が生まれることは稀で、売上が安定するまでの期間が長期化する場合もあります。そのため、運転資金はできるだけ多めに用意しておくことが大切です。
資金を潤沢に用意して起業しても、開業資金にお金を使いすぎてしまえば、運転資金が少なくなってしまい、その後のやりくりが難しくなってきます。

ランニングコストが高い

選択した事業によっては、事務所や店舗を借りたり、人を雇用したりする必要があるかもしれません。そうなると、家賃・保険・人件費など毎月一定額のランニングコストが発生します。毎月のランニングコストがかかりすぎて、運転資金が続かなくなるケースもあります。

脱サラ失敗後の再就職

脱サラに失敗した場合、再就職は可能なのでしょうか?
これからは、人生100年時代といわれ、定年を65歳に引き上げる企業も増えています。だからといって年齢に関係なく容易に再就職ができるかといえば転職市場の実態はシビアです。企業が求めるスキルが身についていないと、中途採用は難しくなるでしょう。とくに、再就職では実務経験を問われます。

脱サラで失敗しない秘訣

脱サラの失敗例を踏まえたうえで、失敗を防ぐにはどのようなことに気を付けるとよいのでしょうか。

マーケティングリサーチ

事業をはじめる際は、社会にニーズがある事業や商品・サービスを選択するようにします。収益を上げられそうなマーケットがあっても、競合が多すぎないか、将来縮小していく可能性がないかといった面もリサーチすることが大切です。
競合が多い場合は、いかに集客基盤を整えて他社と差別化を図るかが鍵です。これからAIの進歩により、既存の仕事の多くが自動化され機械に置き換わるといわれています。現在の状況だけで判断するのではなく、長期的な視点からもマーケットを分析してみます。
そのうえで選択した事業や商品・サービスが、自分が好きなことと結び付くなら理想的です。

利益率の高い商売を選ぶ

利益率が高い商売か低い商売かにより収益が決まるため、利益率が高い商売を選択することが大切です。1時間当たり、1日当たりの収益が高い商売を選ぶようにします。また、収益が高くても、1日でこなせる量や一定数の仕事を長期的に確保できるかも考慮する必要があります。
具体的には、ハウスクリーニングは参入障壁が低く粗利が高い商売ですが、継続的な集客が難しく、1日1人で稼ぐには2万円ぐらいが限界となるため、収益が低いです。

手持ち資金を十分に残しておく

初期投資は、なるべく分割やローン、借入を利用して手持ち資金を残しておくことがもっとも重要なことです。たとえばフランチャイズでは、選択する業種にもよりますが、加盟金や研修費など本部へ支払う費用とビジネス開始にかかる費用が発生します。なかには初期投資をできるだけ安く抑えるため、自分で同じような事業を一からはじめようと考える方がいるかもしれません。しかし、それは安易な考えです。
フランチャイズは、事業スタートまでのスピードが強みです。自分で事業を立ち上げるまでの期間が、仮に1年かかるならば1年分の生活費が必要です。
フランチャイズと個人起業で迷うなら、事業が立ち上がるまでの期間とそのクオリティ、生活費を含めたトータル費用を天秤にかけてみます。同程度以上のものがフランチャイズに加盟するよりも早く安く、自分で立ち上げられるなら加盟しない方がよいでしょう。

ランニングコストを抑える

事務所や店舗を構えるとなると毎月の電気代や家賃などが発生します。さらに、人を雇用すれば人件費がかかります。従業員1人を雇うのにかかるコストは、年収の約1.5倍から2倍といわれています。
自宅で開業し、人を雇用せず自分1人でできる事業を選択するなど、工夫するとランニングコストを抑えられます。

トータルリペアのフランチャイズで開業する

個人開業とフランチャイズ開業を比較した場合、フランチャイズで開業する方が失敗する確率は低くなります。トータルリペアのフランチャイズ開業には、脱サラの成功に向けてどんな魅力的なポイントがあるのでしょうか。

充実のバックアップ!未経験でも参入できる

営業、技術、経営などの開業するために必要な知識・スキルを、研修を受けることによって身に着けられます。フランチャイズ本部が蓄積しているブラッシュアップされたノウハウを活用できることは大きな利点でしょう。また、サポートを受けてスキルを身に着けられるので、未経験からでもチャレンジしやすいです。

競合が少なくAIに置き換えられない

リペアは特殊で付加価値が高い技術のため、競合がほぼいないマーケットです。
リペアは長期間使ったものを修復に出すため修復頻度は少なく、個人客だけからの受注だと苦戦してしまいます。トータルリペアは「中古車自動車業」と「住宅関連業界」にニーズが多くあり、顧客は、中古車ディーラーや施工会社などの法人です。中古車ディーラーに中古車が入荷したり、住宅などでリペアが必要になったりするたびに、継続的に依頼がくる仕組みです。
トータルリペアは、手仕事で2つとない傷や破損の状態に合わせて修理していくため、将来AIに置き換えられない仕事です。

利益率80%

トータルリペアの原価は、売上に対して約20%前後、利益率は約80%で[キユ1] 、時給換算で1万円を超えることも可能です。
作業スピードには個人差がありますが、時給1万円とした場合、1日3時間の施工で3万円、6時間の施工で6万円売り上げることができます。さらに、その技術は他社に真似されにくいうえに付加価値が高く、価格競争に巻き込まれる心配もありません。

在庫を持たなくてよい

技術を売るため、商品を仕入れたり在庫を抱えたりする必要がありません。イニシャルコストを抑えて、リスクを少なく抑えながら開業できます。
トータルリペアのフランチャイズ開業では、加盟金と機材費が必要となります。開業資金が不足している場合は、資金支援制度が利用できます。資金支援制度を利用すれば、頭金0円での開業が可能です。借入・ローン・分割を上手く利用すれば、手持ち資金を残しておくこともできます。

人を雇わなくていい

トータルリペアは、自分1人でできるため他に誰かを雇用する必要がなく、人件費が発生しません。問題のある社員を雇用してしまえば、人材に関する悩みを抱えることもあります。トータルリペアなら人材面でのストレスを抱えることもなく、自分の好きな時間に自由度の高い働き方ができます。
また、出張型のサービスであることから無店舗で自宅開業ができるため、家賃や電気代などの経費がかかりません。そのため、ランニングコストを低く抑えることができます。

まとめ

せっかく脱サラするのだから、失敗して再びサラリーマンになるのは避けたいと考えますが、現実は厳しく、個人で起業しても、廃業してしまう人が少なくないのが現実です。
その点、フランチャイズでの開業を選択すれば、失敗する確率を下げることができます。フランチャイズにもいろいろな業種があります。トータルリペアのフランチャイズ開業なら、さらに起業で失敗することも少なく、脱サラの成功を目指すことができます。

 

参考:

 

 

資料ダウンロードへ戻る