トータルリペアの未来

トータルリペアのこれから

トータルリペアに加盟したとしても…稼げるのかな?需要ある仕事なのかな?と不安になりますよね?
トータルリペアはその名の通りリペア業界に位置するフランチャイズですが、どのくらいの市場規模なのかご存知ですか?

1998 年に28 兆円だったリペア業界の市場は、2010 年には37 兆円※となりました。
産業経済省によると平成29年、コンビニ業界が11 兆円ですから、なんとリペア業界はコンビニ市場の3倍以上です。

ところが、トータルリペアのような修復・復元が行えるという事実を知らない業界やエンドユーザーが、まだまだ多いのも事実です。

トータルリペアをご愛用いただくお客様が多い車業界でも、仮にシートに破れが発生したらシートごと取り替えることが一般的です。
高級本革シートの場合であれば、革全てを張り替えとなります。
ホイールの傷が酷ければ、買い替えとなります。

現在の主流は、純正品のホイールを利用する傾向ですので、買い替えとなれば1本5 万円くらい。
1本だけ新品なのは、見た目のバランスが悪くなりますので結局4本買い替えとなれば、20 万円です。

トータルリペアであれば、この何分の1 の金額で、新品のように蘇らせることが可能です。

トータルリペアをご愛用のお客様は法人がほとんどですが、トータルリペアは様々なものがリペアできるがゆえに、様々な業界のお客様とお取引が可能です。

それぞれのお客様ごとにどれくらいの市場なのか詳しく知ることで、よりトータルリペアで独立した後の未来が見えると思います。

まずはトータルリペアをご愛用いただくお客様が多い「中古車自動車業界」「住宅関連業界」ではどれくらいの市場なのか、詳しくみていきましょう。
※ 経済産業省委託調査より(機械・家具修理、自動車整備業、住宅リフォーム業含む)

https://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/pdf/h2amini106j.pdf

https://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g20516cj.pdf

住宅関連市場

関連するリペア

  • 住宅&家具リペア
  • インテリアリペア

複数あるトータルリペアの技術ですが、住宅&家具リペアのお客様になるのは、ハウスメーカー、リフォーム会社、リノベーション会社、不動産管理会社、家具店、ホテル、旅館、高級店舗、引越業などです。

インテリアリペアの場合はレザー・布などがリペア可能なので、上記の中古車業界だけでなく、家具店、ホテル、旅館、高級店舗、引越業などもお客様になります。

では、いったいどのくらいお客様先があるのでしょうか?

引越件数に関しては、サカイ引越センターのみの数となりますので、実際はこの10 倍以上の市場があるでしょう。

必ずリペアが発生する新築住宅

住宅&家具リペアで一番お仕事をいただける先はどこになるのでしょう?
実は、必ずと行っていいほどリペア(修理・復元)作業が入るのが新築工事なのです。

新築なのにリペア?と疑問に思われる方も多いかと思いますが、新築工事はたくさんの業者さんが出入りするため、建てているそばからどうしても小さな傷や凹みが発生する可能性が高いのです。

市場からわかるトータルリペアのニーズ

夢のマイホーム。買った時に傷がついていたら…?嫌ですよね。
当然施主からのクレームが入るため、施工会社はそのままでは施主に引き渡すことができません。
そのため、修理・復元作業を最終段階で行います。

その際通常ですと、木部に関しては大工さん、アルミサッシに関してはサッシ取り付け業者が行います。
この場合、現場責任者は二つの下請け会社にリペアを依頼することになります。 トータルリペアでは、一人の人間が木部もサッシ部もキレイに修理・復元するので、現場責任者にとっては手間がなくなり、スケジュールの確保もしやすく、備え付けの家具などもその場で作業を完了させることができるため非常に喜ばれるのです。

また、大工さんはリペアの専門ではありませんが、トータルリペアだと専門技術を提供できるので、クオリティの高い仕上がりが可能となり、その結果、同じ施工会社から再依頼(リピート)をいただくことができます。

宿泊施設、家具店、リフォーム物件、引越など今後も市場は減らないでしょう。
そして、リペア技術の専門家集団が存在することを全ての人に知られていません。
だからこそ、さらなる開拓が可能なのです。

中古車市場

関連するリペア

  • ホイールリペア
  • インテリアリペア
  • マニキュアコート
  • デントリペア

中古車の販売台数は、2017 年で年間250.3 万台と増加傾向です。
※ カーセンサー中古車購入実態調査2017 年より http://www.recruit-mp.co.jp/news/180516_01.pdf

中古車の購入先は新車ディーラーがトップ

中古車販売は中古車専門のディーラーが扱っていると思っている方も多いかと思いますが、実は中古車販売数は、後から参入してきた新車ディーラーがトップなのです。
新車ディーラーは新車も扱っていますので、同じ敷地内に傷や内部の汚れがそのままになっている中古 車を扱うことを嫌がります。
もともと、傷や汚れがないのが当然の新車を扱っているため、中古車を見る目も厳しくなり、販売前に内部の入れ替えなども行います。
新車ディーラーで中古車を購入する人が増えているということは、こうした整備された中古車を好む層 が増えているとも言えます。
この傾向は今後も増えていくでしょう。

車の買い替えは平均6 年ごと

普段車を使っている方が車を買い替えるタイミングはどのくらいなのでしょうか?
10 年以上で買い替える人が約20%程度で、そのほかの80%の人が1~10 年以内で買い替えるそうです 。
平均はおよそ6 年。
この間、無傷な車は皆無に等しく、新車ディーラーも中古車販売店も修理・整備が必要となります。

6割の人が必ず実車を確認して購入

下の表をご覧いただくとお分かりかと思いますが、およそ60%の人が実際に車を確認してから購入しています。
たくさんの中古車が出回っている中、より吟味していることが伺えます。

ネットで調べてお目当の車だけを見にいく傾向

購入の際の訪れる店舗数は、なんと1 店舗という人たちが6割近くです。
インターネットでお目当の中古車を見つけ、その車が販売されている店舗にだけ足を運ぶという行動の 表れでしょう。
インターネットでモノを調べる時代の象徴とも言える買い方です。

清潔さ・傷のなさが購入の決め手

買い替える時に重視している項目は一体なんだと思いますか?
不動の「走行距離」「事故・故障歴の有無」「年式」を除いて、次に重視しているのが「内装の清潔感」と「外装の傷の有無とツヤ感」なのだそうです。
これは車検の残り時間よりも重視されています。

市場からわかるトータルリペアのニーズ

さて、ここまで中古車市場をについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
新車ディーラーが中古車販売にシフトしていることからも、中古車市場が伸びていることがお分りいただけたかと思います。

購入者の目線から見ると、調べて調べてやっと「欲しい」と思った中古車を見に行ったら、内装がボロボロで、ボディやタイヤのホイールに傷や凹みがあったら?
欲しいと思えないので購入をしないでしょう。

新車ディーラーや中古車販売店の目線で見ても、せっかく訪ねてくれた顧客の購買意欲を下げないためにも車の価値が下がった状態で販売することは避けたいはずです。
内装を張り替えるなど、大掛かりな修理をすれば、見栄えは良くなりますが、かなりの金額がかかり利益は薄くなっていきます。

トータルリペアは、修理・復元の技術を提供することで車の価値を高め、買う人も、売る人も共に喜んでいただける取引をご提供することが可能なため、非常にニーズが高い技術なのです。

※ 出所 調査実施期間:マクロミル 2017 年実施