ホイールリペアの特徴

ホイールのキズ・欠け・歪みを
スピーディーに修復・再生

ホイールリペアとはその名の通り、車のホイールをリペアする技術です。

ホイールリペアでは、ホイールの傷や歪みの修復、ホイールのカラーチェンジが行えます。
対象ホイールはダイヤモンドカット、ポリッシュ、ハイパーシルバー、そしてアルマイト。
ほとんどの純正ホイールを網羅しています。

お客様先は新車ディーラー、中古車販売店、タイヤ・ホイール販売店など。
もちろん個人のお客様からのご依頼もあります。

最近の流れとして新車・中古車に限らず、純正車種のホイールの人気が高まっています。
特に高級車の場合、純正ホイールに入っているロゴはブランドの象徴。
ホイールにキズや歪みができてしまっても、ロゴなしの社外品には変えることはまずないでしょう。

高級輸入車のダイヤモンドカットホイールは、低価格のタイプで1本10万円弱であり、多くは1本15〜20万円が相場です。

また、国産高級車も、1本あたり10〜20万円のホイールを装着している層も多く存在します。

ところが、ホイールにキズ・歪み・欠けが発生した場合、車片側の前後の2本、あるいは4本全てを買い換えると、高くつくのが悩みどころです。

そこで、車保有者は車を購入した新車ディラー、中古車販売店に修理の相談をすることが 多々あります。

また、中古車選びの重要項目に、外装のキズのなさ・美しさが挙げられます。
ホイールの小さなキズや歪みも車の評価対象となることもあり、中古車を販売する新車デ ィーラーや中古車販売店でもスピード修理を求める潜在ニーズがあります。

このような背景もあり、ホイール修理の需要が年々増加しています。

では、なぜホイールリペアが選ばれるのでしょうか?

ホイールリペアが選ばれる理由

  • ⑴ 全国施工店簡単ネット検索
  • ⑵ 日本大手のトータルリペアグループで信頼の品質&スピード修理
  • ⑶ タイヤを外さずにリペア可能(ダイヤモンドカット・歪み修正を除く)
  • ⑷ トータルリペア独自技術「ポリッシュ風塗装リペア」
        ダイヤモンドカットホイールへの簡易補修でコストダウンと速さを提供
  • ⑸ ダイヤモンドカットリペアが最短10日で可能
        ダイヤモンドチップで再加工、蘇る新品同様の輝き

⑴ 全国施工店簡単ネット検索

ホイールリペアに加盟していただくと、施工店検索サイトに掲載をすることが可能です。
ホイールを直したいお客様はこのサイトを利用して、全国の施工店を簡単にネット検索することができるため加盟店様の集客に一役買っています。
また、トータルリペアは加盟店様の商圏がかぶらないエリア制を導入していますので、ネット検索でも見つけやすく、かつ、加盟店様同士の不必要な競争が起きないことも大きなメリットです。

⑵ 日本大手のトータルリペア日本本部で信頼の品質&スピード修理

ホイールリペアの技術は、日本国内大手のトータルリペア日本本部が厳しい品質管理をしている技術です。
トータルリペア世界本部の米国から始まり、世界50カ国にも普及しているホイールリペア。
長年のノウハウと最先端の科学技術に支えられ、信頼の品質とスピード修理で多くのお客様から喜ばれています。

⑶ タイヤを外さずにリペア可能(ダイヤモンドカット・歪み修正を除く)

通常のホイール修理・復元はタイヤを外して施工しますが、ホイールリペアはダイヤモンドカット・歪み補修を除きタイヤを外さずに施工できる高い技術力があります。
ホイールリペアのマネしにくい技術力があればこそ、タイヤを外す煩わしさも手間もかかりません。 だから効率的な作業が可能となり、スピード修理と、美しい仕上がりをお届けすることが可能になるのです。

⑷ トータルリペア独自技術「ポリッシュ風塗装リペア」
  ダイヤモンドカットホイールへの簡易補修でコストダウンと速さを提供

ダイヤモンドカットホイールの輝きを取り戻せて、かつ、安さ、早さも追求したというニーズに応えられるポリッシュ風塗装。
ダイヤモンドカットリペアとは全く異なる技術で、ダイヤモンドカットと遜色ない美しい仕上がりを実現します。

⑸ ダイヤモンドカットリペアが最短10日で可能
  ダイヤモンドチップで再加工、蘇る新品同様の輝き

ダイヤモンドカットは、ダイヤモンドカットマシーンという特殊な機械を使って特殊加工を施すことで、虹のような光沢を放ちます。

このダイヤモンドカットマシーンは日本国内に6台しか保有されていず、その3台をトータルリペア日本本部が保有しています。

ダイヤモンドカットの修理日数が通常1〜2カ月、中には数カ月もかかるのは、国内にダイヤモンドカットマシーンが少ないことから起きています。
全国のダイヤモンドカットがトータルリペア日本本部の3台を除く、他の3台に集中してしまうからです。
実際に引き受けた修理業者も取次のみとなり、納期、見積もりも具体的に提示することが困難な場合もあります。

ホイールリペアでは加盟店様がお客様からホイールをお預かりしたらすぐに、日本本部の工場に発送→工場施工→完了→返送→納品というスピーディーな流れです。
最短納期が10日前後という圧倒的な早さは、加盟店様と日本本部に取次が存在せず、また日本本部が3台保有しているからこそできるサービスです。
そして、価格も納期別に設定されていますので、加盟店様がお客様からお預かりするその場で見積もりを提示することができ、金額と納期に関する不安を解消できます。